HOME>オススメ情報>企業ごとに独自で必要な機能は大きく異なる

細かな相場は企業ごとに違う

旅館を運営するにあたり、オンライン上で予約ができるシステムを導入することは、人件費削減だけではなく、新たな顧客獲得のために欠かせません。とはいえ、導入するにあたり、どれくらいの費用が掛かるのかを把握しておくことは、余分な費用をかけずに導入する決め手となるでしょう。どのような機能が必要となるのか、利用するお客さんや運営する旅館側、両方の視点で導入をすることが、望ましいといわれています。予算としては、5年間あたり運営することを考えた結果、どれくらいかかるかになるため、取り扱う企業のサポートを考えて算出してください。平均的な相場としては5年間で300万円台後半から、500万円前後となる企業が多いため、事前に見積もりを出してもらい、自分のところの旅館で導入した場合の費用を確認してください。

必要な機能は見積もり前に確認

オンライン予約システムを導入するにあたり、使う人の視点に立って機能をつけなければ、お客さんに良いと判断されません。もちろん旅館側が利便性を感じる機能があることも重要ですが、利用者にとって必要といえる機能を適切に導入できるようにすることは、新たな顧客獲得のために大切です。とはいえ、具体的にどんな機能を必要とするのか、よくわからないと悩んでしまう企業の人も多いといわれています。導入前に、システムを作成する企業に相談し、自社に最適とされる機能を導入することが、良い結果につながりやすくなるといわれているため、見積もり前に確認しましょう。

導入する場合必要な機能

オンライン予約システムで基本となる機能としては、顧客視点の場合、予約機能、キャンセル機能、予約状況確認機能、メニュー機能です。スタッフを指名して予約できる機能があると、スタッフのやる気につながるため、導入するかどうかは旅館側で話し合いましょう。なお、クレジット決済があると宿泊後、金銭トラブルになる可能性が非常に少ないため、導入は必須とされています。運営側の場合予約や顧客、および売り上げに関する情報管理機能、アクセス解析機能、スタッフの勤怠状況との連動機能です。スタッフを指名されても、シフトによっては予約を断らなければならない場合もあるため、導入するにあたり必ず入れたほうがいい機能だといえます。

広告募集中